大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症とは

 

大動脈弁狭窄症は「だいどうみゃくべんきょうさくしょう」と読みます。

 

この大動脈弁狭窄症は『左心室から大動脈へ血液を流す大動脈弁が狭まった病気』である。

狭まった大動脈弁に血液を通そうとして左心室の血液がうまく大動脈に流れず左心室に負担がかかる。左心室に負担がかかることを左室負荷という。

 

治療には大動脈弁を人口弁に取り替える手術をおこなう。

(開胸術による弁置換)

 

 

 

心臓弁膜症>大動脈弁領域の疾患

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年2月22日

弁膜症 (02:12) | コメント(0) | トラックバック(1)

カテゴリ:

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.benmaku.net/mt/mt-tb.cgi/17

心臓弁膜症とは心臓の中にある弁が正常に機能しなくなる疾患の総称です。   心臓弁膜症の種類の種類 大動脈弁領域の疾患 (大動脈弁狭窄症 大動脈弁... 続きを読む

コメントする




« 夜更かしは体に悪いのでしょうか? | ホーム | 大動脈弁閉鎖不全症 »

このページの先頭へ