2011年2月アーカイブ

大動脈弁閉鎖不全症

大動脈弁狭窄症に続き「大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)」についてまとめした。

 

大動脈弁閉鎖不全症も大動脈領域の疾患になります。

 

前回の大動脈弁狭窄症は大動脈弁が狭まった病気ですが、今回の大動脈弁閉鎖不全症は大動脈弁が正常にしまりきらない病気です。

 

 

大動脈がしまりきらないため大動脈から左心室に血液が逆流してきます。

 

 

この大動脈弁閉鎖不全症にはいくつかの種類があります。先天性のものなど。

種類については改めてまとめて行きたいと思います。

 

心臓弁膜症まとめ・備忘録

 

 

タグ

, , ,

2011年2月26日

弁膜症 (01:02) | コメント(1) | トラックバック(1)

カテゴリ:

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症とは

 

大動脈弁狭窄症は「だいどうみゃくべんきょうさくしょう」と読みます。

 

この大動脈弁狭窄症は『左心室から大動脈へ血液を流す大動脈弁が狭まった病気』である。

狭まった大動脈弁に血液を通そうとして左心室の血液がうまく大動脈に流れず左心室に負担がかかる。左心室に負担がかかることを左室負荷という。

 

治療には大動脈弁を人口弁に取り替える手術をおこなう。

(開胸術による弁置換)

 

 

 

心臓弁膜症>大動脈弁領域の疾患

タグ

2011年2月22日

弁膜症 (02:12) | コメント(0) | トラックバック(1)

カテゴリ:

夜更かしは体に悪いのでしょうか?

ブログを書いているとついつい夜更かしをしてしまいます。

 

一日くらいの徹夜ならなんともないのかもしれませんが、最近夜更かしが続いています。

 

睡眠時間はだいたい3時間くらいです。

夜更かしや睡眠不足で心臓に負担がかかってしまうことがあるのでしょうか?

今の私の知識ではわかりません。

 

 

勉強が終わってすぐに寝ればもう1時間くらいは睡眠時間を確保できるのですが、ブログを書くこと自体が結構楽しいのです。

しばらくはがんばれるだけがんばりたいと思います。

 

 

明日は結構早いのでそろそろ寝るとします。

タグ

,

2011年2月15日

弁膜症 (04:22) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

僧帽弁は何故「僧帽弁(そうぼうべん)」と呼ばれるのか?

僧帽弁とは心臓の左心房と左心室の間にある弁です。

 

それでは

僧帽弁は何故「僧帽弁(そうぼうべん)」と呼ばれるのか?

僧帽弁の形状がキリスト教(カトリック)の司教がかぶる冠(ミトラ)に似ていることから名づけられた。

 

僧帽=ミトラ(Mitra)

ミトラに似た弁ということで「僧帽弁」と呼ばれるのです。

 

 

ちなみにカトリック教会が用いるミトラと正教会が用いるミトラはまったく違う形をしています。

心臓の僧帽弁はカトリック教会のミトラに似ているのです。

タグ

, ,

弁膜症 (04:07) | コメント(0) | トラックバック(1)

カテゴリ:

心臓・血管・血液についてのブログ

日本で最大級のブログサイト日本ブログ村の心臓・血管・血液ブログに参加しました。

この心臓・血管・血液ブログには心臓・血管・血液ブログに関するさまざまなブログが登録されています。

 

患者さんの体験記なども多数登録されています。

 

 

病気に関する情報や闘病記などが充実しています。

私は父を亡くしています。

 

この心臓弁膜症ブログで少しでも弁膜症に関する情報を提供できれば幸いです。

 

 

弁膜症以外の病気については病気ブログが参考になります。

 

タグ

2011年2月12日

弁膜症 (23:43) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

僧帽弁について特に力を入れます

僧帽弁領域の疾患について得に力を入れて情報収集します。

 

その決意の表明として『僧帽弁カテゴリー』を作成しました。

 

心臓弁膜症ブログで検証した内容や医者から聞いた情報、調べた情報などを掲載していきます。

 

 

 

 

タグ

2011年2月10日

弁膜症 (19:24) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

心臓弁膜症とは

心臓弁膜症とは心臓の中にある弁が正常に機能しなくなる疾患の総称です。

 

心臓弁膜症を弁膜性心疾患を呼ぶ場合もあります。

 

心臓弁膜症の種類には

  • 大動脈弁領域の疾患
  • 肺動脈弁領域の疾患
  • 三尖弁領域の疾患
  • 僧帽弁領域の疾患

 

があります。より詳しい分類は『弁膜症とは』をご覧ください。

タグ

, ,

弁膜症 (17:53) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

このページの先頭へ